大イノコ祭り

来る11月7&8日には、広島市中区の袋町公園で大イノコ祭りhttp://inoko.webcrow.jpが行われます。


広島県の瀬戸内海側の広い地域でイノコまつりは行われているようですが、通常は子どもたちのグループが町内の各所を巡って、その先々で綱を結びつけた石を皆で持ち上げたり地面に落としたりして福を祈願するものです。上記のイベントでは、88本のロープにつないだ竹のしなりによって、1.5トンの大岩を宙に浮かすとのこと!持ち上がる岩の大きさから推測すると、ハンパじゃない「福」が来そうです!


さてさて、画像の刃物は大イノコイベントの最後、大岩とロープで繋がった天と地を再び切り離す儀式で用いられるものです。五行にちなんで5本、少しづつ色と質感の違う樹種を柄にあしらって見た目の印象に差を付けさせてもらいました。初めの打ち合わせでは木火土金水とそれぞれ彫るか・・・という感じでしたが、最終的にはその案は廃止になりました。


ロープを切る儀式用ですので、人を刺したりする事が出来ないように先端は90度に断ち落とし、全体にシンプルに作らせて頂きました。制作者として、何とか使っている場面を拝みに行きたいです!


8日の19:00くらいから使われるようです。現地付近におられる方はぜひ見に行ってみてください!目立たないかも知れませんが、刃物も見てくださいね。