下刈鎌の柄、交換

2日前の夕方のお客さんとの1枚です。


下刈鎌の柄が折れてしまっていて、交換を承りました。

この方は、ご自身で刃をしっかりと研いでおられ切れ味が良さそうでした。


実は、柄の修理に持ち込まれる道具の大半は、研ぎをかなり長い間やっていないような道具です。ご自分で手入れできる方はわざわざ鍛冶屋に出さないのかも知れませんが、切れない状態で作業をすると次第に力んでしまい、柄に限界以上の力がかかりやすいのではないか・・・とも予測しています。



因に、先代の河野さんが作った物らしく、刻印がありました。修理して使い続けたいと思うくらい性能の良い道具を沢山の先人たちが作ってくださっていたお陰で、私に修理の仕事が回って来るのでいつも感謝しています。