猪解体刃物

昨夜は、イノシシが2頭とれたという情報をもらって、解体に使う刃物のテストへ行っていました。

結構やせた個体です。

前回の解体で、手足の骨とあばら骨を外して一枚の大きな肉にする方法をやらせて頂き、その際にとんがりの小さな刃物があるとはかどる事に気付いて、試作を持って挑みました。

他にも、解体用・・・とされている購入した刃物や自作の物を使って、形や大きさ、刃もちなどを確認させてもらいました。猟師さんと2人での作業でしたが、やはり自分がモタモタしてかなり時間を取られてしまいました。

 

「刃物はよく切れるな!」と言って頂いて嬉しかったです。一方、試作品に形状的な使いづらさが見つかったので今後も改良を続けます。

 

晩飯までごちそうになって感謝です!猟師さんイノシシさんありがとう。

↓画像クリックで拡大します。