斧をきれいに

 今日は、斧をキレイに掃除しました。

 実用ではなく、店舗のインテリアとして飾りたいとの事でお預かりしました。その為、切れる刃はつけずに仕上げる事にしました。画像は作業の前後という訳ではなくまだ途中段階で、同時に2枚撮った写真が違う感じに写ってどちらも綺麗だったので2枚とも載せました。

 

 安芸太田町の小板あたりの鍛冶職人が作ったものだとの事で、元は丸太をはつる製材に使われたのでしょう。現在では、こういう形の斧を薪割りに使用される方も多いようです。重いし刃の角度が鈍角だから割りやすいのでしょう。

 

 元は赤茶のサビの塊でしたが、結構カッコいい感じになって来ました。粗いサビは落としましたが、残ったサビがこすれて暗い色に安定して来て見栄え良くなって来ています。このあと鋼の部分がわかりやすいように研いで、柄を挿げて完成です。