唐鍬の途中経過

先日取りかかっていた、唐鍬類の途中経過です。

 

鉄は赤くなるまで加熱すると、表面が酸化して黒い膜に覆われます。画像の鍬たちがカラスみたいな黒なのはそのためです。

行程的には、指定の長さになるように鋼を付け足して叩いて形を調整した後の様子です。この後、焼き入れや研磨等が待っています。