初めて作るもの 完成

前日の記事からの続きです。

 

目釘をしっかり打ち込み、折り曲げて固定して、完成しました!

 

なんだか、特徴の無い道具ですが、こいつの用途は・・・・・・「草抜き」が答えです。

 

生えている雑草の土の上に出ている部分だけを除去するのではなく、なるべく土中の根っこごと引き抜いてしまおうという道具です。ですから、根を切ってしまうような鋭角な刃はついていません。

 

確かに、根が残るとすぐにまた生えてくるので大変ですよね。

 

先代に聞いたところ、「この辺じゃ、このような道具の需要はあまり無かった」そうです。

なぜ、北広島町のほうでは使われているのか?近年は、道具需要の減少で鍛冶屋が減少したため、一軒あたりがカバーする地域の面積が広がっています。より多品目に対応することがお客さんからは求められてくるのかな・・・と思います。今後も仕事を続けるうちに、道具の分布の理由が分かってくるような気がします。